なぜバレエをやっている人を、新体操やフィギュアスケートの選手と比べるの?

世の中には、評価の基準が全く違うものを、素人目に似ている部分があるからといって同列に並べて比較し、ランク分けをしたがる人たちがいるようです。

私がよく遭遇したのは、バレエをやっている私を器械体操や新体操、フィギュアスケートの選手などと比べて
「お前はレベルが低い」
と決めつけてくる人たち。
その結果、あまりにもバレエの基本を知らない上に、バレエの動きからもかけ離れ、ただガリガリに痩せているだけの人が「バレエの先生らしい」と評価され、保護者の方が子供を任せてしまう悲劇も起こります。

バレエの講師契約は計画的に!グループレッスンのはずが、同じ料金で個人レッスン3本に!

バレエの先生の募集の中には、ふたを開けてみたらとんでもない条件だった!というものもあります。
筆者にも経験があります。
今回は、あるバレエクラスの講師として過酷な条件で指導を続けた先生から聞いた「とんでもない話」をご紹介しましょう。

バレエをやるのは何のため?

生徒としてバレエを習っていた頃も、バレエ講師として仕事をするようになってからも、バレエコラムニスト・バレエブロガーとして活動するようになってからも、私に向けられる言葉は同じでした。
「バレリーナなんですね!すごいですね!」
「優雅なお嬢様でしょ!?」
「体とかめちゃめちゃ柔らかいんでしょ?」
「どこかの御曹司しか相手にしないんでしょ?バレリーナってプライド高そうだもんね!」

「 私はバレリーナではないんです。バレエの教師です」
といくら話しても、彼らから返ってくる言葉はこれまた同じ。
「バレリーナは綺麗な印象が強いですものね!大変ですもんね、バレリーナ!」
またそれだけではなく
「バレエをやっていなければ、私には価値はないのだ」
「踊っていなければ価値はないのだ」
という、あからさまな態度を取られたこともありました。

バレエブロガーへのいやがらせ

私はバレエ講師の他に、ライター、コラムニスト、ブロガーとしても活動していて、これまでに様々な媒体で執筆を行ってきました。
その中でもバレエに関する記事は、名前を出しているものもそうではないものも、いちばん長く書いています。
そうやって情報を発信していると、思わぬところから「アンチ」がわいてくることがあります。
特に、順調に読者が増えて人気が上がり始める頃に、しつこいアンチに粘着される被害に遭遇しやすくなるようです。

バレエをやっている人の印象は悪い!?

「バレエをやっている」「バレエの先生をしている」
実は私は最近まで、これが印象を悪くする条件だということを、全く知りませんでした。

ある日たまたま、

「バレエの先生 イメージ」

でネット検索をしていて知りました。

バレエでは、なぜ男性はトゥシューズを履かないの?

基本的には、舞台の上でトゥシューズを履いて主要な役を踊るのはほとんどが女性ダンサーだけです。
なぜ男性はトゥシューズを履かないのでしょうか?
それは、クラシックバレエにおける女性ダンサーと男性ダンサーの「踊りの役割」が違っているからです。

子供バレエのレッスンは退屈?楽しいレッスンの時間を過ごすコツは?

バレエの先生は、生徒に正しいバレエを教えて少しでも上手くなってもらえるレッスンをする義務があります。
しかしそのためにバーレッスン・センターと正規のメニューでレッスンを進めていると、子供たちの中には「つまらない」と言って辞めてしまう子が出てくるのが、悩みどころです。

「バツ2」と「バツ3」

なんだか、離婚を何回もしている人のようなタイトルですが…(^^;
ポワント(トゥシューズ)の幅の話です。

いつもの小物もバレエ気分♪バレエモチーフのスマホケース探しました!

バレエをやっている皆さん、ウィンドーショッピングをしていてバレエモチーフの小物を見ると、思わず立ち止まって手に取ってしまったりすることはありませんか?

筆者の私も、毎日持ち歩くスマートフォンのケースなどがバレエモチーフになっているのを見付けると、ついつい足を止めてしまいます。