なぜバレエをやっている人を、新体操やフィギュアスケートの選手と比べるの?

世の中には、評価の基準が全く違うものを、素人目に似ている部分があるからといって同列に並べて比較し、ランク分けをしたがる人たちがいるようです。

私がよく遭遇したのは、バレエをやっている私を器械体操や新体操、フィギュアスケートの選手などと比べて
「お前はレベルが低い」
と決めつけてくる人たち。
その結果、あまりにもバレエの基本を知らない上に、バレエの動きからもかけ離れ、ただガリガリに痩せているだけの人が「バレエの先生らしい」と評価され、保護者の方が子供を任せてしまう悲劇も起こります。

バレエの講師契約は計画的に!グループレッスンのはずが、同じ料金で個人レッスン3本に!

バレエの先生の募集の中には、ふたを開けてみたらとんでもない条件だった!というものもあります。
筆者にも経験があります。
今回は、あるバレエクラスの講師として過酷な条件で指導を続けた先生から聞いた「とんでもない話」をご紹介しましょう。

バレエブロガーへのいやがらせ

私はバレエ講師の他に、ライター、コラムニスト、ブロガーとしても活動していて、これまでに様々な媒体で執筆を行ってきました。
その中でもバレエに関する記事は、名前を出しているものもそうではないものも、いちばん長く書いています。
そうやって情報を発信していると、思わぬところから「アンチ」がわいてくることがあります。
特に、順調に読者が増えて人気が上がり始める頃に、しつこいアンチに粘着される被害に遭遇しやすくなるようです。

バレエでは、なぜ男性はトゥシューズを履かないの?

基本的には、舞台の上でトゥシューズを履いて主要な役を踊るのはほとんどが女性ダンサーだけです。
なぜ男性はトゥシューズを履かないのでしょうか?
それは、クラシックバレエにおける女性ダンサーと男性ダンサーの「踊りの役割」が違っているからです。

バレエ指導と、ネイル

最近は、プロのバレエダンサーでもバレエの先生でも、手の爪にキレイなジェルネイルや、ラインストーンキラキラのネイルアートをされている方が増えていますね。

かくいう私もバレエ少女だった高校生の頃、ブルーのマニキュアをして学校へ行って、体育教師のS先生にめちゃくちゃに怒鳴られ、その場で落とさせられたのをよく覚えています。