バレエでは、なぜ男性はトゥシューズを履かないの?

トゥシューズを履くのは女性だけなの?

一般的には、バレエの舞台でトゥシューズを履いて踊るのは女性ダンサーです。

「グランディーババレエ団」のような男性だけのバレエ団では女性役を踊る男性がトゥシューズを履いて踊っていますし、「真夏の夜の夢」でロバに変えられてしまった職人ボトム役の男性ダンサーが、ロバの動きを表現するためにトゥシューズを履いてコミカルに踊るのも印象的ですが、基本的にはトゥシューズを履いて主要な役を踊るのは女性ダンサーだけ。

なぜ男性はトゥシューズを履かないのでしょうか?

女性だけがトゥシューズを履く理由

それは、クラシックバレエにおける女性ダンサーと男性ダンサーの「踊りの役割」が違っているからです。

トウシューズで有名になった最初の作品といえば「ラ・シルフィード」

この作品でトゥシューズを履いた主演のマリー・タリオーニという女性ダンサーの演じた役柄は「空気の妖精」でした。

ラ・シルフィード 全2幕 [ デンマーク・ロイヤル・バレエ ]

妖精の役に求められるのは、人間の体重を感じさせない表現です。

フワフワと空中に舞い「人間とは違う存在である」ということを表現するために、彼女はトゥシューズを履いて踊りました。

当時のトゥシューズは現在のもののように踊りやすくはなかったようで、父・フィリッポ・タリオーニの元でスパルタレッスンに励むマリーの足の指は血まみれだったとか・・・。

 

現在は妖精だけでなく、女性ダンサーはお姫様役でも村娘役でも全員舞台でトゥシューズを履いている光景が一般的になっています。
しかし「ラ・シルフィード」の初演に忠実な演出の版では、主人公ジェームスの婚約者エフィをはじめとする人間の女性たちは全員、トゥシューズではなくヒールのある普通の靴を履いています。

 

一方、男性ダンサーの役柄はほとんどが「人間」です。
それも「姫を守る王子」などの力強さが求められる役柄が多く、大きなジャンプや回転が見せ場となっている振付けのものがとても多いです。

ballet-835757_1920

またグラン・パドドゥなどでは、男性が女性を持ち上げる「リフト」が最大の見せ場となっています。

こういったことから、男性特有の力強い動きを制限したり、リフトの安定性を妨げたりする可能性のあるトゥシューズを、男性が敢えて履く必要はなかったのです。

 

レッスンで男性がトゥシューズを履くことには、別の狙いが

ただし、スタジオでの普段のレッスンでは、男性もトゥシューズを履くことがあります。

大人からバレエを始めた女性で、トゥシューズを履き始めてから
「上体を引き上げるという感覚がつかめるようになった」
という方がよくいます。

トゥシューズを履ける条件として、バレエに必要不可欠な高いルルベをキープすることや、上体を引き上げることなどができているかどうかが挙げられます。
これらの感覚は実際にトゥシューズを履いてみることで、更にはっきりとつかめるようになることがあるのです。

また「足を強くする」という目的もあります。

ballet-shoes-999807_1920

男性がトゥシューズのレッスンを始める場合は、人によっては足が大きくてなかなか合うサイズのものが見つからないこともあるので、お店へ行く前に1度問い合わせてみることをお勧めします。

 

トウシューズケース バレエシューズケース FairyToe消臭織りネーム付き バレエ雑貨 バレエ用品

トウシューズケース バレエシューズケース FairyToe消臭織りネーム付き バレエ雑貨 バレエ用品

広告